石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


子連れ石垣島旅行記(11月3日)

はじめに準備と計画1日目2日目3日目旅行を終えてみて
 

■11月3日 (晴れ)

07:30  朝御飯。

夕ご飯と同じ位のボリュームでごはん が出てきました。(座敷最高!)
朝から親子でガツガツ食べちゃいました。

部屋に戻り、息子とKちゃんがTVで子供番組(NHK教育。おかあさんといっしょなど)を見ていてくれている間に大人は身支度を。女同士なので化粧は適当です(笑)

民宿たあづぐやーの外観です。味がある雰囲気がいいですよね。



09:00  お天気が良いので、予定どおり今日は船に乗って八重山諸島の一つ、離島に行くことにしました。

レンタカーは午後から借りることにしていたので、市バスに乗って町の中心部にある、離島桟橋に向かいます。宿のある白保から港までは、国道390号線(主要道路)を西にまっすぐ行きます。

一律200円のバスに揺られながら、車窓から石垣の町を眺めます。
昨日は疲れていてあまりじっくりと見なかったため、今日は食い入るように眺めてしましました。

昨日降り立った空港の横を通り過ぎるとまもなく、桟橋に到着。

10:00 桟橋で高速船をバックに記念撮影。

八重山の離島に向かう船のほとんどはこの離島桟橋から発着します。
ちゅらさんの舞台の小浜島と迷ったのですが、今回は一番近い竹富島に行くことに。

竹富島までは、日中ほぼ30分おきに船が出ていて(八重山観光フェリーか安栄観光の
高速船を利用)、所要時間も10分しかかからないので日帰りで行くのにとても便利です。

10:30 竹富島上陸。

港に着くとレンタサイクルや水牛車の客引きがいっぱい。選り取りみどり状態でした。その中の一社(新田観光)を選んで送迎車で水牛車乗り場へ(車で5分位)そこには私たち同様、多くの観光客が水牛に乗るために集まっておりました。



11:00 Y念願の水牛に乗車することに。

かなりびっくりしたのですが、たった1匹の牛が20〜30人もの人を乗せて牛車を引いておりました!私はてっきり5名位だと思ってました・・・。

約30分間の道中、おじぃが三線を引きながら島内の概要を話してくれ、ゆったり沖縄気分に浸ることが出来ました。

11:30  早めの昼食を取るため、牛舎乗り場付近の「そば竹の子」へ。

ここのお店は、ガイドブックに載る位有名なお店で是非とも来てみたかったんですよ。

一番人気の八重山そば(500円)を食べたのですが、評判どおりとても美味しく、皆満足!
私は、自家製香辛料「ピィヤーシ」が気に入り、お土産に購入しちゃいました。
(胡椒とナツメグが混ざったような味!?)

12:15 新田観光に戻り、今度はレンタサイクルを借りて島内をサイクリングすることに。

竹富島の道路はアスファルトで舗装された道路ではなく、珊瑚礁のかけらを敷き詰めて出来ているそう。

とっても素敵なんだけど、自転車は漕ぎ難いーーー!!
息子は補助椅子に座りご機嫌、KちゃんはYにおんぶされてウトウト気持ちよさそう。

約10分、自転車を走らせてコンドイビーチに到着。白い砂と空の青と海の青がとても綺麗でした。なんで南国の海はこんなに素敵なんでしょうねぇ。

特に何があるわけではないのですが、その雰囲気がとても良く、時間の経つのも忘れて砂遊びをずっとしておりました。

11月ではさすがに泳げないかなぁと思っていたのですが、甘かった!写真のように肌を焼いている人もいる位ですからね。

まぁ季節的に大丈夫でも、私たち子連れには離島で海水浴は厳しかったんですけどね。
ゆったりとした竹富島にいると、なんか心が和む気がしますね。

本当はもっとゆっくりしたかったのですが(1泊したいくらいでした)帰りの船の時間もあるので、また新田観光の送迎車で港に向かうことに。

船を待っている間に、お土産やさんでちゃっかり「サーターアンダギー」と買い込みつまみ食いをする私たち。(お昼ご飯食べたばかりなのにね。女旅の特権です。)

船に乗船する前に、予約してあったレンタカー屋さんにTEL。

大体どこのレンタカー屋さんも、石垣の桟橋から10分くらいの所にあるそうなので、竹富を出る前にTELしておいてくれるとそれに合わせて送迎の車を出してくれるとのこと。
返却時も希望の場所まで送ってくれるそうで、嬉しいサービスですよね。

息子は帰りの高速船の中でぐっすり。砂遊びをいっぱいして疲れたんでしょうね。
嬉しいタイミングのお昼寝でした。

今回私たちが利用したレンタカー屋さんはBe−1レンタカー 0980-82-2444/0120-83-5432
〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里565-1  営業時間:AM8:00〜PM7:30

空港から1分というロケーションで、チャイルドシートとジュニアシートのレンタルも無料。私たちは三菱ディンゴを24時間借りて(インターネット割引で)4200円でした。

チャイルドシートの装着もお店の人がやってくれたので、息子はゆっくりとお昼寝が出来ました。

今度は川平を目指し、もう一つの主要道路79号線を一路北上します。
途中名蔵湾沿いで、地元農園の販売所を見つけたので、おやつ休憩を。

やはり南国でトロピカルフルーツは欠かせないでしょう!(パイナップルとパッションフルーツ)

そして次の写真は川平公園で水遊びをする私と息子の姿です。

水平線まで見渡せそうな、真っ青に透き通った海!!来て本当に良かったと実感した瞬間でした。息子も綺麗な海に大はしゃぎ。

どんどん海に入っていこうとするので、仕舞いにはすっぽんぽんにして遊ばせました♪



時刻や日差しによって色を変えるという川平湾をもっとずっとずっと見ていたかったのですが、段々と日が落ちてきたので後ろ髪惹かれる思いで引き上げることに。

その後、どうしてもシーサーが欲しいというHのリクエストで(Hは初沖縄だったので)、近くのお土産屋さんでにぎわう川平の中心地へ(団体さんがいっぱい来ていました)

Hは念願のシーサーを4組(シーサーは夫婦で1組。阿吽の呼吸を表す顔をしているそうです。)もかってご機嫌でした。

子供たちがそろそろ疲れてきたようなので、ドライブしながら宿へ戻ります。
でも途中のスーパーでちゃっかりとおやつと沖縄食材(アンダギーミックス、そばだし、乾麺など)を買い込んでいる私たちでありました。

お土産屋さんで買うものは高いのもありますが、沖縄の家庭の味からはちょっと遠くなってしまっている気がするんですよね。以前沖縄出身の友達に地元スーパーに行くことを勧められてから、沖縄のお土産はスーパーで調達しています。今回は空港近くのサンエーに寄っていきました。

安いのとレンタカーで来ていて気が大きくなったのとで、ついつい買いすぎてしまうんですよね。(Hに荷物持ちさせてしまう私とYでした。)

17:00 宿に到着

子供たちに朝同様NHKを見せながら休憩を。

18:30 夕飯

くどいようですが、またも超大盛!本当に元が取れてるのかなぁと心配になってしまうくらいです。美味しいからバクバクたべてしまうんですよね。きっとこの旅行で太っていること間違いなしでしょう。

20:30 子供たちも海で遊んで疲れたのか、お風呂にはいったらすぐ眠くなったようです。

夜泣きをしないかも心配の種だったのですが、いっぱい遊んだらそれどころではなかった様子。Yともどもほっと致しました。

子供たちが寝てしまったら今夜こそは、「ゆうたく」を。
なんかこの旅、食べてばかりいる気がします・・・。まぁたまにはいいかぁ。

 明日でいよいよ石垣ともお別れと思うと、2泊3日の旅がすごく短く感じられてしまいました。でも乳幼児を連れてだと、このくらいがきっと丁度いいのでしょうね。親の都合ばかりではいけませんしね。ゆんたくをしながら、帰り支度を。

先ほどサンエーで大量に買ってしまった荷物は3人で1つのボストンに入れて明日送ることに。(こうなることは予想通りだったので、ちゃんと発送用にとボストン持参)

 そして、残り1日に備えて今日も早めに就寝することにしました。

■子連れ石垣島旅行記
はじめに準備と計画1日目2日目3日目旅行を終えてみて

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク
report4.html&k=石垣島 行ってきました&n=1&code=sjis" width="1" height="1">