石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


子連れ石垣島旅行記(11月2日)

はじめに準備と計画1日目2日目3日目旅行を終えてみて
 

■いざ出発へ

・2004年11月2日(晴れ)絶好の旅行日和です。

08:00 自宅出発となりました。(名古屋まで余裕を持って、車で2時間と計算)

新幹線の方が時間は早いのですが、荷物と子供を抱えては厳しいという理由と、子供が飽きて暴れだすと困るので、勝手がきくマイカーで空港まで行くことに。車の中では子供が飽きないように、おもちゃとDVDを用意しておきました。

出来れば飛行機の中で寝て欲しかったので、なるべく起こしておく作戦です。子供達がいい子にしていてくれたので、休憩を取らずにそのまま名古屋へ。民間駐車場に着く前にコンビニに寄ってお昼とご飯と飲み物を調達しました。

10:00  事前に予約してあった、空港付近の民間P(1泊1000円)に到着。

民間駐車場に車を停め、送迎者で国内線の方に送ってもらいました。
歩いても行ける距離だったのですが、子連れには嬉しいサービスですよね。

10:20  名古屋空港国内線(この時はまだ小牧空港です)到着。

まず最初に行ったのは、チェックインイン。

並んで座れるように座席のリクエストをと思ったのですが、この機種(ANA119便。現在はセントレア発着になっています。時刻は変わりません)は小さい飛行機なので、座席が真ん中に通路を挟んで3列+3列しかないため、酸素マスクの数の関係上(座席3つに対してマスク4個)、子供を抱っこしていて座席は占めないとはいっても4人までしか座れないとのこと。

なので、私と息子とHが横並びに、YとKちゃんは通路を挟んだ隣の座席を取ることにしました。

そして飛行機の時間まで1時間半くらいあったのでYはフライと前に授乳室へ(やはり3時間のフライト中なしは厳しいそうです)。

もうおっぱいを卒業している息子と、私とHは屋上の展望台へ。
スーパーの屋上にあるような、ちょっとした子供用遊具もありますし、フェンスの向こうに飛行機の離着陸を眺めることも出来ます。

息子は初めて間近に見る飛行機に大興奮!
それに乗るとはきっと気づいてないんでしょうけど(笑)

11:45  飛行機の搭乗案内開始。

ビジネス&ファーストクラスの人、そして障害者や子連れの人は優先的に機内へ案内してもらえるのですが私たちはあえてパス。機内に居る時間を少しでも少なくする作戦です。
そしてギリギリの時間で機内へ。

窓際から1つ空けて私(膝の上に息子)右隣にH、そして通路を挟んで隣にY(膝の上にKちゃん)と座ったのですが、私の左隣も、Yの右隣も、航空会社の配慮からか空けてくれてあり、とても助かりました。

飛行機代がかからないという理由で抱っこをすることにしても、やはり座席が1個余分にあるのはかなりありがたかったです。

私もYも、子供を連れて飛行機に乗るのは初経験で、事前にインターネットで情報収集をしたところ、子連れのお客さんにはけっこう気遣いをしていただけるという書き込みが多かったので、どんな風だろうとけっこう楽しみにしていたんですよ。

評判どおり、まず座席でサービスがいいなぁと思っていたら、それだけでなく、子供におかしやジュースはもちろんのこと、ANAの飛行機のおもちゃ、ポケモンの絵本までいただいちゃいました。

あと離着陸の際には、気圧の変化に注意しなくてはならないそうです。大人は飴をなめたり、飲み物を飲んだりすることで防ぐことが出来ますが、乳幼児には難しいですよね。

何かを口にしていればOKと聞いたので、離陸に合わせて早めのお昼を食べさせることに。
息子もKちゃんもおなかがいっぱいになって満足したのか、離陸後30分もしないうちにぐっすり。

3時間と、国内線のフライトとしては長めのフライトだったため、飛行機のなかで飽きてしまって暴れることを一番恐れていたのですが、2人は着陸の少し前までぐっすりと寝てくれたので大助かりでした。着陸時にはジュースを飲ませるようにして気をつけました。

15:00 定刻通り石垣空港に到着

この空港は滑走路が短いため、逆噴射をしないと着陸できないそう。
ものすごい音と震動にちょっとびっくりでした。
空港の建物も、「えっこれだけ?」という位小さくびっくり。
でも移動も少なくていいし、荷物の受け取りも楽に出来て良かったです。

15:30  民宿たあづぐやーの方が車で空港までお迎えに来てくれました。

子連れの旅には、こうした交通手段をしっかり確保しておきたいもの。
石垣の町をドライブしながら宿に向かいます。(10〜15分くらい)

16:00  宿に到着。

長旅で疲れたのでちょっと休憩をすることに。と、思ったのですがせっかく来たのにもったいない!ということで少し休んだあと、眠りたいというHを残して私と息子とYとKちゃんは白保を散策することに。

白保は町から9km東の、人口1600人ほどの村です。空港や町に近いので便利なのですが、それでいてちょっと田舎でのんびり、といった雰囲気を楽しむことが出来ます。

昔ながらの木造で赤瓦の家も残っているので、散歩をしながら静かな良さを味わえます。

沖縄の伝統であるサンゴを積み上げた石垣や、防風林として植えられたフクギという木の並木も方々の家で見ることが出来ます。

次の写真はアオサンゴで有名な白保のサンゴ礁です。

今回は時間がなくて出来ませんでしたが、次回来た時には絶対グラスボートに乗って「北半球で最大規模を誇るアオサンゴ」を見に行こうと心に決めました。

18:30  夕食の時間。

1泊2食で4500円とは思えないほどのボリュームでした。写真がないのが残念ですが、内容をちょっとご紹介。 黒紫米を加えたご飯、チキンカツとキャベツの千切り、アーサー汁、郷土料理っぽい小鉢が2つ、これで1人前です。

息子とわけっこして食べても食べきれないくらいの量でした。美味しい郷土料理を楽しめるのは民宿ならではの楽しみですよね。

19:30  順番にお風呂に入ることに。

ここのお風呂は大風呂ではなく、浴槽と脱衣所がついた小さいお風呂が3つと、個室の洋式トイレが3つあり、空いているところを好きに使っていいというシステムでした。

子連れには嬉しいシステムで、息子と2人、ゆっくり入ることが出来ました。(大風呂だと裸でおいかけっこ状態になってしまいますので・・・。)

21:00  子供たちを寝かしつけてから、もう1室で大人たちの時間。

 「ゆんたく」(沖縄の方言:おしゃべりの意。おかしやお酒が伴うことも)にあこがれていたのですが、明日もあるので早めに就寝。

■子連れ石垣島旅行記
はじめに準備と計画1日目2日目3日目旅行を終えてみて

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク
report3.html&k=石垣島 行ってきました&n=1&code=sjis" width="1" height="1">