石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


子連れ石垣島旅行記(準備と計画)

はじめに準備と計画1日目2日目3日目旅行を終えてみて
 

■準備と計画

行き先が決まったらまず真っ先にしたのが飛行機の手配。
今回はUA(ユナイテッド航空)のマイレージが貯まっていたのでそれを使ってチケットを取ることに。

マイレージ
航空会社のポイントプログラム。(スーパーなどのポイントカードと同じ感覚)
単位はマイルでプログラムの名称も会社によって異なる。(UAはマイレージプラス)
一定数のマイルを貯めると無料航空券の交換や、座席のアップグレードが出来る。
実際のフライトマイル以外にも、ショッピングやレンタカーやホテルの利用、提携クレジットカード使用など日常生活でもさまざまな場面で貯めることが出来る。加算率や交換マイル数は会社によって異なる。複数の航空会社でグループを組んでいることが多く、グループ内ならば異なる会社のフライトマイルも一貫して貯めることができる。


参考までに一部のグループを紹介しますね。(その他にもいろいろあります)

例えばスターアライアンスで貯めたい場合は下記のスターアライアンスのメンバー会社の中からいずれかを選び、その会社独自のプログラムに加入する仕組みです。

例えばUAのマイレージプラスのメンバーになっていると、UAのフライトはもちろん、エアカナダのフライトや提携ホテル(ハイアットやマリオット、ヒルトンなど)の宿泊でも(UAのマイレージプラスの口座に)マイルが貯めれるという仕組みです。

スターアライアンス
(エアカナダ、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空グループ、bmi、LOTポーランド航空、ルフトハンザ航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、スパン・エア、タイ航空、ユナイテッド航空、U.Sエアウェイズ、ヴァリグ・ブラジル航空)
※その他の提携会社でも条件付で加算可能
(アロマエール中国国際航空、アロハ航空、BWIA,ケイマン航空、エミレーツ航空)

スカイチーム・グローバル・アライアンス
(アエロメヒコ航空、エールフランス航空、アリタリア航空、コンチネンタル航空、チェコ航空、デルタ航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ノースウエスト航空)
※その他の航空会社でも条件付で加算可能
エア・タヒチ・ヌイ、アメリカウエスト航空 、アメリカン・イーグル航空、ビッグスカイ航空、セブ・パシフィック航空 、ガルーダ・インドネシア航空 、ガルフストリーム航空、日本航空、ジェット航空、ケニア航空、マレーシア航空


私はもともと、自分名義と夫名義でUAのクレジット機能付き(クレジット無しでももちろん作れます)カードを持っていたので、日常生活の出費(光熱費の支払いやガソリン代、電話代など)をそこから払うように統一してマイルを貯めるようにしていました。

UAはANAと同じグループなので、UAのマイル15000マイルで名古屋⇔石垣のANA往復航空券を取ることが出来ました。

ちなみにこの無料航空券の予約は3か月前から出来るそうです。
ただ座席数が限られているので余裕を持って予約した方がいいと思います。

私たちも第一希望はおろか、第五希望くらいまで通らず、やっと往復確保できたのが11月2日発、11月4日着の便でした。

飛行機が取れたら次は宿の予約。ここがかなりの重要ポイントでした。

というのも子供が一緒だと、くつろぐにしても寝るにしても和室がありがたいんですよね。
さらに出来れば、アウトバスでなく部屋にトイレ&バスが付いているタイプが希望でした。

しかし和室となると民宿タイプの宿が多いため、部屋に風呂トイレがついているものはほとんどなく・・・(泣)

しかし1件だけ私たちの希望にマッチする宿を発見!

白保にある民宿たあづぐやー(田作屋)さんでした。
1泊2食付で4500円という破格の値段で、しかも子供はタダ!

それなのに人数は5名と数えてくれるそうで、7.5畳の和室を2部屋と布団も5組用意してくださるとのこと。さらにさらに、食事は基本的に食堂のテーブルで、というところを私達は座敷で出してくれるとのこと。もちろん即、この宿に決定です。

その次は一番重要なスケジュールをたてること。

せっかくの旅行、と大人たちはどうしても「あれもしたいこれもしたい」と欲張りになってしまいがちですが、子供に無理をさせないことが大前提ですからね。

その結果、大人が行きたい場所の中で子供を連れて行っても大丈夫そうな所と、子供も食べられそうな物を食べに行くことに。

その内容は旅の内容の方で紹介しますね。


■荷造り

大人の方が1名多いとはいえ、なるべく荷物は少なくしようと努力しました。
しかしながら譲れないアイテムも多数。

自分のものはなんとかなるにしても、子供のものは余裕を持っていった方がいいと思います。(オムツ、おかし、ジュース、着替え、タオルなど)

私があって便利だなぁと思ったのは、ビデオカメラです。

もっともこれは撮影をするためでなく、子供のお気に入りの番組を撮っておいて飛行機の中モニターで見せたり、宿でAVケーブルにつないでTVに出力して見せたりと大活躍でした。子供ながらも、普段と違うということをなんとなく悟っているため、普段見ている番組で落ち着いた様です。

あとYは一人でお風呂に入れられるよう、お風呂用浮き輪(折りたためるもの)を活用しておりました。

■子連れ石垣島旅行記
はじめに準備と計画1日目2日目3日目旅行を終えてみて

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク
report2.html&k=石垣島 行ってきました&n=1&code=sjis" width="1" height="1">